自粛中の歯科受診について

皆さんこんにちは。

長崎駅前の交通会館ビル5階で開業しております稲澤歯科医院です。

4月下旬に入り、暖かくなったかと思ったら天気が崩れたり夜はまた寒さが戻ったりと、なかなか落ちつきませんが、気持ちを前向きに明るく過ごしましょう!

稲澤歯科医院ではコロナ対策を行っています。

さて、全国に緊急事態宣言が出され、不要不急の外出を特に避けなければいけない今、歯科受診はどうしたらよいか皆さん悩むところではあると思います。

歯科によっては時短にしたり、休みが増えている所もあると思います。

基本的には必要な治療がある場合は通常通り通院していただいた方が良いでしょう。

歯科は、不特定多数の方のお口の中を診る場所なので感染リスクが高いと考え、躊躇されているかもしれませんが、私ども歯科医院では、きちんと対策をした上で診療しています。

普段から「感染」には気を付けているので、滅菌,消毒はもちろんのこと、数カ所にアルコール消毒を設置し、患者さんやスタッフがすぐ消毒できるようにしていることに加え、換気,予約の取り方を密にならない様に調整しています。

また、スタッフ全員と、患者さん1人1人の体温測定(非接触での測定)、コロナウイルスについての問診票の記入をお願いしています。

問診等の状況次第では、ご遠慮していただく場合もありますのでご了承ください。

そして、定期検診についてですが、基本的に患者様の判断にお任せしますが、中等度以上の歯周病や虫歯になりやすい方はメンテナンスを中断すると症状が悪化する可能性がありますので、続けて受診された方が良いでしょう。

まずは、担当の衛生士に電話で相談することをおすすめします。

タグ:

[ 特集記事 ]
[ 最新記事 ]