唾液力アップでインフルエンザ予防!~稲澤陽三です~

皆さんこんにちは。長崎駅前の交通会館ビル5階で開業しております、稲澤歯科医院 稲澤陽三です。

11月も半ばを過ぎ、急激に寒さが増しましたが体調はいかがでしょうか?

今年は例年より早くインフルエンザが流行しているということなので、早めの予防を心がけましょう。具体的にどのようなことが大切かというと、予防接種、手洗いうがい等、バランスのとれた栄養摂取、適度な湿度の保持などがあります。

「適度な湿度の保持」に関しましては、乾燥すると感染のリスクが高まるのですが、お口の中も乾燥するとよくありません。

ここからは、唾液に着目していきましょう。

実は、この唾液はインフルエンザや風邪予防には欠かせないのです。

唾液の中には、抗菌物質IgAが含まれており、その効果を期待するには量と質が重要なポイントなのです。

ではどのようなことに気を付けていれば良いかというと、まず1つ目は唾液腺マッサージで量を増やしましょう。

唾液腺マッサージのススメ。

耳の下より少し前の位置に3本の指を当て、ゆっくり円を描くように10回以上マッサージしてください。毎日湯舟につかっている時など継続して行うとより効果的です。

2つ目は、水分補給を小まめに行うことが大事です。

体が脱水状態にあると唾液は出にくくなるうえ、免疫力も低下します。1日1~1.5リットルが目安になります。しかし水分といってもアルコールは逆効果になるので注意しましょう。

3つ目は唾液の質を高める言う意味で、乳製品を毎日続けて摂ると良いそうです。唾液中の抗菌物質IgA濃度を高める作用があります。どれも難しいことではないので皆さん是非これで健康な冬を過ごしましょう。

[ 特集記事 ]
[ 最新記事 ]