歯を削らない歯医者を目指します!


歯を削らない治療のイメージ

皆さんこんにちは、長崎駅前の交通会館ビル5階で開業しております、稲澤歯科医院 衛生士の福山です。

本日のタイトルを見て、「そんなことができるのか」とびっくりされた方がまだ多いと思います。

逆に、どういう意味か分かる方も年々増えていることでしょう。

これは昔に比べて「予防」の概念が浸透してきているからだと思います。

皆さんは「歯医者さんには行きたくない」「こわい」と思いますか?それはなぜですか?多分「痛いから」と答える方がほとんどでしょう。

ではなぜ痛いのでしょうか?

虫歯や歯周病が悪化しているからです。悪化していれば絶対痛いことをするというわけではありませんが、治療が必要になりダメージは受けますよね。歯を削ることによって歯が元のように治るわけではなく長持ちしにくくなる場合もあります。虫歯や歯周病は自然治癒しません。痛みがなくなったとしたら神経が失活した可能性も考えられます。

つまり、結論からいうと、何もない(自覚症状がない)うちから歯医者に行く方が良いのです。

歯医者=削るところというイメージがある方は、「じゃあ何もないのに行って何をするの」と思うかもしれませんが、メンテナンスをするのです!メンテナンスでは主に歯や歯茎のお手入れをしています。

そうすることで生涯歯を削ることなく、抜くことなくご自身の歯でおいしく食事ができます。

もちろん、「私はもう手遅れだ」と思う必要はありません。入れ歯になってしまった方でも今以上に悪くなることのないようにメンテナンスは必要です。

かかりつけの歯科に行き、今からでも歯を削らない歯科通院を目指しましょう!!気になることなどありましたら、お気軽にご相談ください。

[ 特集記事 ]
[ 最新記事 ]