平成最後のブログは、わたくし稲澤陽三です!

皆さんこんにちは。

長崎駅前 交通会館ビル5階で開業しております、稲澤歯科医院 稲澤陽三です。

最近はやりの「平成最後の〇〇」にのっかって、ブログのタイトルをつけてみました。

いよいよ平成も残すところあとわずかとなりました。

思い返せば、色々なニュースが日本でありましたが、当歯科医院では、わたくし稲澤陽三が医院長をしていましたが、平成29年1月から稲澤太志にバトンタッチ致しました。

以前に増して現役で皆さんの健康のサポートをさせて頂いています。令和も変わらず元気に皆さんと会えることを楽しみにしています。

さて、新年度がスタートした今、環境の変化でストレスを感じている人も少なくはないでしょう。

実はそのストレスがお口の中にも影響するのです。

どいうことかというと、ストレスを感じると、免疫力が低下し、歯周病などに罹患しやすくなります。

ストレスが口の中にも影響します。

しかし1番多い症状としては、「ブラキシズム」です。これは睡眠時や覚醒時を問わず、歯をこすり合わせたり、噛みしめたりすることです。

いわゆる、歯ぎしりやくいしばりですが、これを行うことによって顎や咬む筋肉に負担がかかり、痛むようになります。

他にも、歯の付け根が大きくえぐれたように欠けてきて、しみてきたりします。

また、先ほど歯周病の話をしましたが、元々重度の歯周病の方がブラキシズムを行うと、歯を支える骨がないので歯を失う可能性もあります。

ストレスを受けない環境づくりが1番ですが、それはなかなか難しいものです。

なので、ストレスから歯を守る対策としては、口腔内装置(ナイトガード)を保険で作ったり、昼間は普段から上下の歯がくっつきていないか意識するようにしましょう!

最近お口の周りの痛みや肩こり等に悩まれている方、これらは意外と歯ぎしり、かみしめが原因になっているかもしれません。ぜひ一度歯科に相談してみてはいかがでしょうか?

[ 特集記事 ]
[ 最新記事 ]