日本人の歯は汚い?

皆さんこんにちは!

長崎駅前の交通会館ビル5階で開業しております、稲澤歯科医院 歯科衛生士の福山です。

3ヵ月の韓国での勉強を終えて、再び皆さんの歯を守るパートナーとして稲澤歯科医院に戻ってきました(^^♪

3ヶ月というのはあっという間で、言語の習得にはやはり年単位で必要だなと実感しました(笑)

日本人の歯は汚い!?

歯科について学んだことは、日本人と韓国人の歯に対する意識の違いが一番にあげられます。同じアジアなのにこうも違うんだなと思いました。

以前もお話ししましたが、アジア人で口元を気にしていないのは日本人だという言葉を、実際に異国の韓国人の方々からも聞いてやはりそうなんだと改めて実感しました。

韓国では銀歯をしている方が日本人に比べるとすごく少ないです。私は、3ヶ月の間で一人しか見ませんでした。虫歯がないわけではありませんが、被せ物はだいたい白にしてご自身の歯と見分けがつかないくらいにする方が多いです。

それに比べると、日本人の口の中は銀歯や入れ歯が多く、しかも歯列不正で黄ばんでいても気にしない方が多くみられます。

審美歯科の技術に関しては日本の歯科も発展しているのに、日本人の意識が追い付いていないのです。今後、口元の身だしなみにも気を遣う人が増えれば日本人の歯に対するイメージが変わってくると思います。

[ 特集記事 ]
[ 最新記事 ]