舌ケアが感染症対策になる?

皆さんこんにちは。長崎駅前、交通会館ビル5階で開業しております稲澤歯科医院です。


ついに1年のしめくくりである「師走」に入りました。


忙しくて走るように過ぎ去っていくという意味がありますが、残り1か月健康に過ごしましょう!


そのためには、やはり予防が大切になってきます。




お口の健康は体の健康でもあります。このコロナ禍の中、感染症対策が改めて重要であると認識したことと思いますが、実は舌ケアが感染症対策になることが分かってきました。


1日2~3回歯を磨くのは常識になっていますが、舌ケアとなると毎日している方はまだ少数ではないでしょうか?


ではなぜ舌ケアが必要なのでしょうか?


それは、舌にも古くなった細胞や口腔内細菌の6割以上が存在していることにより粘膜を保護するたんぱく質を破壊し、感染リスクが高まるのです。


近年では舌に対するケア商品が市販でもたくさん出てきています。色々なタイプの商品がありますが1番基本的なケアとしては、舌専用のブラシで1日1回奥から手前にかきだすように磨きましょう。


あまり奥を磨きすぎると嘔吐反射が出てしまうので適度にしましょう。


また、磨きすぎるのも舌に傷が付きますので軽くで大丈夫です。詳しくは、かかりつけの歯科に相談しましょう。

#稲澤歯科医院 #稲澤歯科 #長崎市歯医者 #長崎駅前歯医者 #舌ケア #長崎市歯科医院 #長崎駅前歯科医院

[ 特集記事 ]
[ 最新記事 ]