手術前後に必要な口腔ケア

皆さんこんにちは。長崎駅前 交通会館ビル5階で開業しております、稲澤歯科医院の稲澤陽三です。


早いもので、もう2020年が終わろうとしています。


本来の予定では日本でオリンピック、パラリンピックが開催される記念すべき年になるはずでしたが、新型コロナウィルスにより延期となってしまいました。


今年はコロナに始まりコロナで終わるという誰もが想像していなかった年になりましたが来年こそは全世界協力し合い、コロナ終息を目指しましょう!!


さて、本題に入りまして、手術前には口腔ケアが必要かというテーマについてお話していきます。

手術とは主に全身麻酔での手術をする場合をさします。経験されたことのある方もいるかもしれませんが、手術前に主治医から歯科受診をすすめられると思います。


なぜなら、全身麻酔をする時に管を口から気道に入れますが、その時にお口の中が汚れていると、元々口腔内は細菌だらけの場所なのに更に菌が増え、それが管を介して気管に入ると、肺炎を起こす可能性があるからです。


他にも動揺している歯がある場合管を通す際に抜けてしまい誤嚥してしまう恐れもあります。


また、がん治療中の場合、副作用により口内炎ができたり、免疫力の低下がみられます。この時に口腔ケアをしっかり行うことで口内炎の出現を減少させたり、合併症のリスクを軽減させる効果があります。


弱っている時こそ口腔ケアの重要性を改めて頭に入れておきましょう。気になることがあればいつでもお気軽にご相談ください。

#稲澤歯科医院 #稲澤歯科 #長崎市歯科 #長崎市歯医者 #長崎駅前歯科 #長崎駅前歯医者

[ 特集記事 ]
[ 最新記事 ]