歯周病でコロナが重症化

皆さんこんにちは。長崎市長崎駅前の交通会館ビル5階で開業しております、稲澤歯科医院の稲澤陽三です。

歯のことでしたら、治療から予防歯科までお気軽にご相談ください。長崎市の街の歯医者さんを目指しております。



4月に入り、新しい生活がスタートした方が多いことと思います。


1年も経てば終息しているだろうと思っていた新型コロナウイルスですが、まだまだ私たちの生活に影響を及ぼしています。


オンライン入学式の所もあるようで、本来ならそこで新しい出会い等があったはずです。1日も早い終息を願います。


さて、そんな新型コロナウイルスですが、最近では歯周病がコロナを重症化させるという報告が出てきました。


歯周病菌がたくさんいるとウイルスが体内へ侵入する手助けをするのです。


本来ならそれに対抗して唾液中のIgAという免疫物質がウイルスと戦ってくれるのですが、口腔内が汚れていたり歯周病菌が大量に存在するとIgAの力が発揮できないのです。


つまりインフルエンザやコロナウイルス等の感染症に感染しやすくなり、更には重症化しやすくなります。


では、どのような対策が必要かというとまずは定期的なメンテナンスでお口の中を清潔に保ちましょう。


そして、唾液中のIgAを増やす方法として1日100gの乳酸菌の摂取と軽い運動を行うと良いそうです。


歯周病が全身の疾患と関係があることは以前から知られていましたが、コロナ禍の今、改めて歯周病に対する処置、予防が重要視されてきました。かかりつけの歯科でメンテナンスを受診されると良いでしょう。

#街の歯医者さん #長崎駅前の歯医者さん #長崎市で評判の歯医者さん #歯周病とコロナの関係

[ 特集記事 ]
[ 最新記事 ]